免疫医療を受ける際の注意点

ホームへ戻る >  注文住宅の費用を抑える方法  > 免疫医療を受ける際の注意点

免疫医療を受ける場合、注意すべき点があります。まず言いたいのは、受けたいと思った治療を、自分が受けられるかどうか、確認する必要があるという点です。免疫医療には、さまざまな方法がありますが、人によって、受けられる方法と、受けられない方法があります。自分の症状から見て、受けられるかどうか、確認する必要があります。


免疫医療には、人工の抗原で行う療法と、患者自身の腫瘍など、ガン細胞を手術で採取する方法があります。これが、自分に適応できるかどうかです。ガンの抗原には、数百種類以上あります。それに対し、現在用意されている人工抗原は、多いとは言えません。患者のガン抗原が、人工抗原の使えない方であった場合、もしくは、抗原情報自体を特定できない場合には、受けられない療法があります。具体的には、モノクローナル抗体療法、CTL療法、ペプチドワクチン療法、DCワクチン療法の一部などがそれにあたります。

多量のガン細胞を手術で採取できるかどうかも、確認すべき点です。DCワクチン療法は、自分の抗原からワクチンを精製する方法です。治療の際には、患者自身の腫瘍など、多くのガン細胞が必要になります。手術によって、細胞が採取できなかった場合、こうした治療法を受けることはできません。


自分にとって最適な免疫療法を選ぶには、受診している医師に、現状について聞き、免疫治療を取り扱う医療機関で、病状を話して、相談する必要があります。病状によって、適応する治療法が異なってきます。