注文住宅と建売住宅の違い

ホームへ戻る >  注文住宅の相場について教えて下さい  > 注文住宅と建売住宅の違い

注文住宅や建売住宅どちらにしたらいいのか悩んでいる方もいます。建売住宅は既存の土地に家を建てて土地とセットにして販売されています。新興住宅地などに多いのが特徴です。また長い間売地になっていた土地など地価が下がったところに新築住宅を建てて安価に販売するケースもあるようです。一方注文住宅とは、施主(建主)が建築を希望する土地に自由設計の家を建てるプランを指します。オーダーメイドで施主の好みで家造りが可能になりますのでこだわりを持った家や、建売では間取りが広すぎると言う単身世帯・夫婦のみ世帯の家造りなどにも対応できます。


このところでは農地転用などで宅地として生まれ変わった土地に家を建てて販売する事が増えています。

地価下落の煽りで購入しやすい価格帯で販売されています。収入が少ない方が出来る限りの住宅ローンを申し込んで購入しているケースが増えています。ハウスメーカーが同様の家をたくさん建てており購入費用もほぼ同額であることから、価値観が似ている人たちと近所同士で付き合えると言うメリットもあります。


かつての注文住宅は「ステイタスを感じさせる家」としての見方がありましたが、昨今では個性を楽しむ家、シンプルさだけを追究する家など住まう人達の生活を優先させ機能性を際立たせた造りの家が多く、無理のない家造りが主流になりました。ローコストで建築することもあり価格帯も建売住宅よりもお安く済ませることも可能ですので、相場にこだわらない家が欲しい方が注文住宅を選ぶことが増えています。