注文住宅と建売住宅の値段の差額

ホームへ戻る >  注文住宅の相場について教えて下さい  > 注文住宅と建売住宅の値段の差額

注文住宅とハウスメーカーが販売している建売住宅。どちらが安く家を建てられますか?と言う質問を耳にすることがあります。ハウスメーカーの建売住宅で使用する建材などはそれなりのグレードのものを用いています。また建築コストを下げるために規格品でもこれまでの建築で余ったものを資材として使っていることもあります。一方注文住宅の場合、自由設計であることが大前提です。好きな間取りを作ることができますし、建築資材にもこだわりぬくことができます。これだけを切り取ると注文住宅は高い、建売住宅は安価と言う構図が出来上がってしまいますが、今ではローコスト住宅が主流になりつつあります。


エコを意識した建築資材の選定から土地を有効に使った家の間取りを造り、整地・建築費用を安く上げます。

シンプルな造りにすることで家のクオリティは下げることなく価格だけをしっかりと安くしていきます。このような住宅は建売住宅と近い金額、もしくは安く上げることができますのでチェックは必須です。ローコスト住宅建築に長けている建築家に相談をしましょう。


自由設計の家と建売住宅の坪単価の相場なども話題に上がっています。今では建売住宅でもハイクラスのクオリティを目指したモデルの販売もありますし、地域によっても坪単価は変わってきます。坪単価だけを比較することも大切ですが、実際に見て欲しいのは間取りの広さやスムーズな生活動線が作れるかどうかです。無理な間取りや中途半端な部屋の広さの家は安さだけでは目をつぶることができないと思う方も多いでしょう。