注文住宅の本体価格

ホームへ戻る >  注文住宅の相場について教えて下さい  > 注文住宅の本体価格

注文住宅の本体価格に関して納得出来ない、高いのでは?と悩む方も多いようです。建築家のプランニング提案書を見て相場と言われている金額と照らしあわせても若干高い感じがする、自分が提案した予算額をオーバーしていると感じた時、遠慮無く建築家に相談をしましょう。建築資材のグレードを下げる、システムバスやキッチンまわりのグレードを下げるだけでもかなり価格を下げることができます。施主側の意見として「譲れない部分」「価格を下げてもいい部分」などを考えておきましょう。また建築家のこだわりなども知りつつ価格に関する勉強をして行きましょう。


注文住宅は建物の本体価格だけではなく、屋外設備工事・電気工事などの別途発生した工事費や税金なども発生します。

見積書にはこれらの工事費用も含まれているので予算額を伝えるときには注意をしたいものです。特殊な土地などで掘削や盛土などが必要になる場合も考えられます。事前に建築家に土地を視察してもらい、土地をどのように活かせるか否かを知っておく必要もあります。土地を整地せずに形状を生かした住宅造りが低コストでできるようにもなりました。


このような施工例をたくさん持っている建築家に相談をすることでコストをかけずに住宅を建てられるかもしれませんね。中には注文住宅の見積額に納得出来ないため契約を白紙にしたいという方もいらっしゃるようです。プランニングから見積もりを出す段階で監理費用が発生しています。百万円単位で監理手数料などを請求されるケースもありますので、契約撤回前に見積もりの見直しを行うことをおすすめします。