住宅坪単価ってなんですか?

ホームへ戻る >  注文住宅の相場について教えて下さい  > 住宅坪単価ってなんですか?

注文住宅を取り上げた雑誌などを読んでいると「坪単価」と言う言葉を目にされることがありませんか?坪単価とは、家を建築する際の1坪あたりにかけられる建築費を指します。建物の本体価格を延べ床面積(坪単位)で割った数字が「坪単価」です。坪単価に換算することで「家そのもののグレード」を推し量ることができます。他の家とも比較が容易に出来ますので、見積の際のコスト削減の見極めなどにも用いられます。注文住宅の相場・価格帯を知るにはこの坪単価計算を覚えておかれるとスムーズです。


この計算方法で注意したい点がいくつかあります。計算式に当てはめるのは、建物の本体価格と延床面積の数字のみ。本体価格には屋外設備工事・電気工事などの別途発生した工事費や税金などは含まれません。ローコスト住宅などで坪単価が安いことをアピールする家もありますが、この他に別途工事費や諸経費がかかります。

また延床面積には押入れやクロゼット、テラス、ウッドデッキなどの「床ではない部分」は含まれていません。押入れなどの収納やベランダなどの面積を含む場合は「施工床面積」と呼ばれています。施工床面積で坪単価を算出することで単価を安く魅せることができます。


注文住宅の相場や価格アピールだけで選ぶことなく「延床面積」「施工床面積」の別を確認してから坪単価を確認しましょう。坪単価だけにとらわれることなく間取りの広さや部屋数なども確認する必要があります。部屋数が多くとも1部屋の広さが十分ではなかったり、日本独特の「尺」ではなく「メートル」単位を用いた部屋を提供する家も増えています。