歯医者のブリッジ治療費用について

ホームへ戻る >  歯医者のブリッジ治療の保険適用について  > 歯医者のブリッジ治療費用について

ブリッジの治療を受けようと考えた時には誰もが費用のことが気になるものでしょう。インプラントに比べるとはるかに安価に治療を受けることができるわけですが、それでも数万円の出費は覚悟しなければなりません。歯科でブリッジの治療を受ける場合には、まず保険適用内で受けるか、自費診療で受けるかの選択に迫られます。3割負担と10割負担では総額に大きな差が出ますし、自費診療の方がより高価な素材や高い技術を用いるため、費用の負担も大きくなります。


具体的な費用は歯の位置や状態によって異なってきますが、ある程度の相場を知ることはできます。まず知っておきたいのが前歯と奥歯で費用に違いがあること。原則として前歯の方が高くなります。たとえば保険適用の場合、前歯1本の欠損では約2万円程度なのに対し、奥歯1本では1万円超となります。

なお、2~3本連続して欠損している場合はとうぜん費用が高くなります。保険適用の限度内で4万円程度といったところでしょう。

保険適用外ではどうなるでしょうか。こちらは歯科によって大きな差が出ることも多いので一概には言えない面もあります。特徴としては前歯、奥歯ともにそれほど違いがなく、1本で15~45万円程度。かなり幅があるのはセラミックやゴールドなどクラウンに使用する素材によって違いが出てくるのがおもな理由です。


また他にも診察料やカウンセリング料などでも違いが出てきます。こうした費用の面も踏まえたうえでブリッジを受けるかどうか、あるいはどこの歯科で受けるかを決めるようにするとよいでしょう。