奥歯に使用するブリッジについて

ホームへ戻る >  痛くない歯医者ってあるの?  > 奥歯に使用するブリッジについて

ブリッジの治療で注意が必要なのは、前歯の治療を行う場合と奥歯の治療を行う場合で使用される素材に違いがあること。また保険適用が可能かどうかということも関わってくるだけに、必ず事前に踏まえておく必要があります。一般の歯科で奥歯の治療に用いられるブリッジは銀属冠。いわゆる銀歯のことです。


虫歯の治療でも奥歯には銀歯が使用されているのでおなじみでしょう。この素材のメリットはなんといっても健康保険が適用されるため安価で済むこと。また、金属ですから強度に優れている点も大きな魅力です。ただ、やはり目立つ点が大きな難点。とくにブリッジの場合は両隣と義歯と3本まとめて銀歯になるため、なおのこと審美性が問題となります。歯科によって用意されている素材としては金属冠。こちらはゴールドやプラチナを使用しています。

この選択肢も審美的な面でやや劣りますが、適度な硬度や歯ごたえのよさなど使い勝手のよさではもっとも優れていると言えます。保険適用の範囲外なので費用の問題も含めて検討が必要でしょう。それからメタルボンド。審美性ではこれがベストでしょう。


金属のフレームにセラミックを被せたクラウンです。適度な強度と白くてツヤのある表面を兼ね備えています。これも保険適用の範囲外です。なお、人気の高いクラウンの素材にオールセラミックがありますが、強度の問題で奥歯のブリッジには使用されません。こうした知識を踏まえたうえで歯科医師とよく相談しながら最終的な判断を下すとよいでしょう。